【コーチングセッション体験談】

Rさん 女性

コーチングを受けてみたいとずっと思っていました。悩みごとならカウンセラーに相談?!するのかな?
悩みではなく、混沌とした頭と心を整理整頓するなら、コーチングだろうと漠然と感じていたのです。
カウンセラーに相談するほど解決しない悩みごとを抱えているわけではないけれど、ちょうど50歳になる今の自分の心と頭の交通整理をしてもらいたい!そっと、よりそって良い方向に導いてもらえそう?!
そんな気持ちで舞コーチと向き合いました。

10年後の自分、ちょうど還暦。15念後の自分、退職、高齢者になり現役からちょっと距離を置く、そんな未来が見えてきた50歳の節目。
舞コーチには、10年後、15年後のなりたい自分の姿を伝えたら、心と頭だけじゃなく、体の課題にも目を向けさえてくれました。
未来の夢に向かってどう歩いていくか?そのために今解決する問題は?
.......舞コーチのコーチングは、夢を紡ぐ前のウオーミングアップからスタート!
今、目の前で目隠ししている問題、課題をクリアに見せてくれて、過剰に不安をあおるわけではなく、事実を事実として客観的に考えるヒントをもらえました。
これには参りました!

自分で解決できように、導くのがコーチングなのかと目からうろこでした。
舞コーチ!ありがとうございます。
今度、コーチングを受けるときは、自分の課題の解決に一歩、二歩
前進した時に!お願いしますね!



Hさん 女性

先日はセッションにて、ありがとうございました。
その後、目標に近づくための自分の思考チェンジを試しながらチャレンジしています。

マイ先生から教えていただいた、自分を承認してあげることを意識していると、今まで自分で自分をあえて辛くしていたのかも、と気付きました。こうしなきゃダメ、苦労しなきゃダメ、とか。

まだまだ、途中にいますが、目標をまた見直しながら進んでいきます。
ありがとうございます。

現在月1回〜3回のペースでセッションを受けています。
1ヶ月という時間はあっという間に過ぎていき、仕事と音楽のライフスタイルをはじめてからは、今までにもまして1ヶ月のスピードは加速しています。
こんなに早い1ヶ月・・・惰性で過ぎても1ヶ月、計画的に過ごしても1ヶ月・・・。
ならば・・この1ヶ月というスピードある時間をもっと充実したものにしたいと思うようになりました。
契約社員から正社員へのステップアップや、仕事のスキルアップ、休日の音楽活動について、昔からの思考パターンの手放しなど、自分自身の棚卸しをし、次に向う計画をコーチと一緒につくり、日々を過ごしています。
欲張らず小さな目標だけでも積み重ねることで必ず力になるし、自分の仕事の能力も確実にあがってきました。そして、この春、念願の正社員へのステップアップも実現しました!(40代女性 会社員)




初めてコーチングを受けました。今目指している目標についてのコーチングです。
質問に答えているうちに、漠然としていた将来の姿がはっきり具体的になったことと、今足りない部分も気づくことができました。
自分一人でこれからのことを考えることもありますが、一人だと限界があるということもわかりました。話をきいてもらえると、自分のことがこれほどはっきりわかるとは!! (20代 女性)





私が中村さんのコーチングで学んだことは決して一言では言い表せられません。本当はこれを読む人のために、一言で言い表わせればわかりやすいのでしょうが、とても一つではないので、考えつくまま挙げてみたいと思います。

@「考える力」が身についた
コーチングでは決してコーチから答えを教えてはくれません。毎回、自分が解決したい問題を、自分で考えて考えて考え抜きます。コーチは考えやすいように質問をしてくれます。最初から答えを教えてもらった方が即効性があるのかもしれませんが、時間が経てば自分から離れてしまうと思います。コーチングは自分で考えて自分で答えを出すので、時間がかかります。でも考え抜いた上で出した答えなので、一生自分から離れないだろうなあと実感しています。それに何より、物事について深く「考える力」が身に付いたような気がします。

Aやりたいことが見つかった
私は20代の頃にサラリーマンに挫折し、資格を取れば食っていけるんじゃないかと甘い考えで資格を取り、いざ独立開業した結果、ドン底に突き落とされました。何も考えず、ただ資格を持っているというだけで仕事が入ってくるなんて甘い世界ではありませんでした。人生から転げ落ちそうになった私は、どうやったらお金って稼げるんだろう、どうやったら生きていけるんだろうと必死で考えました。「自分が心の底からやりたいことを見つける」というのがその一つの方法だと考えました。その「やりたいこと」を見つけるのに、コーチングはとても力になりました。「もしお金や年齢などの制限を一切取り払い、何でも好きなことが出来るなら何がやりたい?」といった質問などは、全く今まで考えたことがなかった質問で、新鮮でした。私は、目の前の困っている人を助けられる仕事がしたいと思い、労働相談という仕事に行き着きました。普通は社労士の人がなかなか手をつけない分野ですが、資格の既成概念に捕われず、「今、自分が出来ることで困っている人を助けられることは何だろう」と考えると、どう考えてもこの仕事しかありませんでした。ここまで自分の考えを整理するのに、コーチング無しではとても考えられませんでした。
このやりたいことというのは、自分の「価値観」であるとも言えます。困っている人を助けたいという価値観を自分が持っていることに気付いたのは、人生においてとても大きいことでした。労働相談というのも、手段の一つに過ぎません。目標を達成するために、これからもあらゆる方法を考えていきたいと思っています。

B行動し、継続すれば必ず成果が出ることが証明された
これまで書いてきたようなことも、決してすんなり出てきた訳ではありません。30数年の人生の中で凝り固まった考えを崩すのは、そう簡単ではありませんでした。正直言うと、精神状態が良くない時期は、コーチングを受けるのが辛いと思ったこともありました。それでも頑張って続けてきて、最近何となく一つの壁を超えたような気がします。私が中村さんのコーチングを受けて4年くらい経ちます。多分中村さんが受け持ってる生徒の中でも、相当時間のかかる問題生徒だったと思いますが、根気強く続けてきて良かったと思います。

C成功は案外近いところにあるとわかった
私がコーチングを始めたばかりの頃、「今の仕事の満足度を10段階評価で表すと?」という問いに「2か3」と答えた覚えがあります。今、同じ質問をされると「8」と答えられるようになりました(私にとっての8は、満点とほぼ同義)。人は誰しも、こうなりたいという理想像があると思いますが、今の自分と、理想の自分の間の「ギャップ」とは、自分が勝手に作り出しているだけなんじゃないかと思えるようになりました。コーチングなしでここまで考えられるようになることは、あり得ませんでした。
(30代 男性 自営業)


舞さん、先日はありがとうございました。
ずっと悩んでいた両親との関係に、少し改善の兆しが見えてきました。
とはいっても、相変わらず喧嘩ばかりですけど・・・。それでも、私の心の負担はかなり減りました。
コーチングをうけて、親との関係で私が苦しかったのは何かに気づくことができたことと、心の中で「NO」を言えたこと、今まで親はわかってくれないと思っていたけど、そういう気持ちを一度もちゃんと伝えたことがなかったことなどがわかったことが、収穫でした。
今までは親に文句ばかり言ってたけど・・・私もちゃんと伝えられるようにしないとだめですね。
教えてもらった「伝え方」を、頑張って実践しているところです。難しいですけど・・・すぐに文句を言ってしまいます。でも、この前一回、ちゃんと伝えることができました。
また困った時は相談させてくださいね。ありがとうございました!(20代 女性)