BLOGまい先生の独り言

研修|面談時のコーチング

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest

面談時のコーチング

について研修をおこないました。

いつものことながら、研修風景の写真が一枚もなく・・・(涙)いつも撮るのを忘れちゃう💦

コーチングを取り入れた面談の目的は3つあります。

①相手を知ること

→ここから、双方が現状を把握できる・思考や気持ちの整理・信頼関係づくりにつなげます

②改善点や目標を整理し共有する

③やる気を引き出す


今日は、面談の流れとともに

「相手が話をしてくれるようになるためのポイント」
「相手が答えやすい質問」
「部下の動かし方(やる気の引き出し方)」

の小枝をいくつか紹介し、ワークをしたり練習したり。部下の強みの見つけ方も伝授。

部下指導は「会話」が命。「見守る」「見せて教える」などの指導もありますが、ほとんどの指導は「会話」を通して行われます。

その中でも面談は、会話で始まり会話で終わる。

◆否定されたと感じさせない言い回し
◆使っちゃいけないNGワード
◆一工夫でこんなに話しやすくなる!

など、たくさんの「技」を使ってこそ効果(適切な話し合い、部下が心を開く、改善点の把握、前向きな気持ちになるなど)がでます。

面談時の会話術。
知りたいかは研修で、マンツーマン個人レッスンもしますのでお声かけくださいね😊

◽️◽️お知らせ◽️◽️

2022年2月7日(月)より
「魔法の聴き方オンライン講座」を開催!✏️📖

仕事や人間関係の悩みの解決は「傾聴力」の強化にあり!!

コーチング&傾聴力の女王「まい先生」が教える、話の聴き方のスキルとテクニックを学んでみませんか?

⇨詳細はこちら ✨✏️📖

 

まい先生(中村舞)ーコーチング&傾聴力の女王ー

マイコーチングオフィス代表。札幌在住。企業研修講師&プロコーチとして活躍(15年で5,000人以上を指導)。コーチングの要素を取り入れた思考力を引き出す研修や、傾聴力で個人の本質(自分軸)を引き出すセッションには定評があり、全国にクライアント多数。まい先生の名で親しまれている。